「合う」”fit”と”suit”の違いとその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、「合う」”fit”と”suit”の違いとその使い方についてお話します。

この記事を読めば、英語感覚がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

「サイズ、形」がぴったりなら”fit”

マイク
These shoes fit perfectly. I think I’ll buy them.
この靴ピッタリだな。買おうかな。
リョウ
This shirt doesn’t fit me. Do you have this in smaller size?
このシャツはサイズが合ってません。これの小さいサイズはありますか?

 

例文のようにサイズや形が体の部分にフィットしているかいないかを言うときは”fit”を使います。

よく一緒に使われる単語として”tight”「きつい」や”loose”「ゆるい」、そして”big”や”small”などがありますので、合わせて覚えておきましょう。

 

「健康で」という意味もあるよ

リョウ
Stay fit.
健康維持してね。

 

“fit”で「健康で」という意味もあり、英語だと”in a good health”と置き換えができます。

なので”fitness”は体の健康のことを言うんですね。

 

 

「魅力的に、かっこよく」なるなら”suit”

ナオミ
This hat doesn’t suit me.
この帽子私に似合ってないわ。
アイヴァン
That sofa suits the room very much.
そのソファーは部屋にすごく合ってるね。

 

このように”suit”はものや人をさらに魅力的にまたはかっこよく見せてくれる場合に使われます。

1つ目の場合でもし”fit”を使った場合は、帽子のサイズがあなたの頭の大きさに合っていないことになりますので意味が変わってきます。

そのあたりを理解して使い分けましょう。

 

「都合がよい」という意味もあるよ

ロバート
Will Monday suit you?
月曜日は都合がいいですか?

 

また”suit”にはフォーマルな会話で「都合がよい」という意味で使うこともできます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、「合う」”fit”と”suit”の違いとその使い方でした。

それでは、See you around!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。