「勘違いしてた」を英語で言うと?動詞”think”を使ってこんなに簡単に表現できる

こんにちは、リョウです。

今日は、「勘違いしてた」の英語表現についてお話します。

この記事を読めば、さらに自分の思っていることを伝えられるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

まずは会話を聞いてみよう

早速ですが、マイクとリョウの会話を見てみましょう。

マイク
You’re going to Bali this weekend, right?
今週末にバリに行く予定なんだよね?
リョウ
No, I’m not going to Bali but Thailand.
いや、バリじゃなくてタイに行くんだよ。
マイク
Oh, I thought you were going to Bali.
ああ、バリに行くんだと勘違いしてたよ。

 

 

 

“I thought 〜.”の意味は?

動詞”think”「考える」の過去形を使って、「勘違いしていた」という風に表現することができます。

過去の時点で「〜と思っていた」けど、自分が思っていた状況と違っていたときに使えます。

ただちょっと注意しておきたいことがあります。

“I thought 〜.”イコール「勘違いしていた」と常になるわけではなく、「〜だと思っていた」と訳した方が自然だったり、別記事で紹介しようと思いますが、丁寧に提案するときに使ったりすることもあります。

日本語の訳だけで捉えるのではなく、常に会話の内容や文脈で意味を判断しましょう。

 

 

同じ意味の表現4選

それでは、同じ意味の表現がいくつかあるので紹介しておきますね。

マイクに例文を言ってもらいましょう。

 

フォーマルな場面で使う”misunderstanding”

マイク
That was my misunderstanding.
それは私の勘違いでした。

 

 

 

マイク
I think there has been a misunderstanding
勘違いがあるように思います。

 

 

 

“get something wrong”

マイク
Sorry, I got it wrong.
ごめん、勘違いしてた。

 

 

 

“get mixed up”

形容詞的に使う”confused”「混乱した」と同じ意味です。

頭の中で、本来そうだったことと自分が思っていたことがごちゃ混ぜになったような感じです。

よく時間や場所に関して勘違いしていたときに使われます。

マイク
I just got mixed up. I thought we were supposed to meet at the office.
勘違いしてました。事務所で集合するんだと思ってました。

 

 

 

“under the impression”

「勘違い」という意味のイディオム表現です。

これは自分が考えていたこと、信じていたこと、そしてそうだと決めつけていたものが違った場合によく使います。

主語 + was under the impression that 〜.”の形が一般的です。

 

マイク
I was under the impression that they had broken up.
てっきり彼らは別れたんだと思っていた。

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「勘違い」の英語表現でした。

それでは、See you around!

 

 

【初級から中級】超効率的に英会話フレーズを暗記するならhanaso英会話スクールがオススメ

2019.01.08

【初級〜中級対象】おすすめしたい無料で使える英語学習アプリ3選

2018.07.31

【厳選】英会話中級者が必ず読んでおきたいフレーズ本3選

2018.07.10

「いいね!」で
最新情報を受け取る

他の人に教えてあげる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中