ニュアンスで理解!初対面や会った人に「会えてうれしい」って英語で何て言う?

毎月100名様限定

毎月100名様限定

「会えてうれしいよ。」は英語で”I’m happy to see you.”と言います。

久しぶりに会った友人や知人に対してよく使う便利な英会話フレーズです。

 

まずは、二人の会話を見てみましょう。

アイヴァン
Hey, it’s been a while since we last saw each other.
ねぇ、最後に会って以来しばらくだね。
リョウ
That’s right. I’m happy to see you.
本当だね。会えてうれしいよ。

 

 

 

「うれしい」という意味の”happy”と”glad”

「会えて嬉しいよ。」と言うとき、”happy”と”glad”のどちらを使っても自然です。

“I’m glad to see you.”と表現しても、全く問題ありません。

では、何が違うのか。“happy”のほうが比較的、嬉しい度合が”glad”より強めです

“glad”は一時的な嬉しさに対して、”happy”は長く続くようなうれしさです。

すっごく会いたかったという人に対しては、”I’m happy to see you (again).”を使ったほうが自然でしょう。

 

 

初めて会うなら、”meet”を使おう

このフレーズの設定は、すでに会ったことのある人です。

でも、そうではなくて初めてであれば、”meet”を使いましょう

そして、2回目以降は、”see”を使いましょう。

 

ナオミ
I’m happy/glad to meet you.
会えてうれしいです。

 

のようになります。

さらに詳しく知りたい方は、下の記事をご覧ください。

いますぐ知っておきたい”meet”と”meet with”、”meet up”の違いと簡単な使い分け!

2017年12月8日

 

 

フォーマルに伝えるなら?

友人やカジュアルな場面ではなく、ビジネスの場で初めてクライアントと会う際はどういった表現を使えばよいのでしょうか。

特によく使うフレーズを厳選したので、それらをご紹介します。

“see”と”meet”は入れ替えて使うことができます。

ただ、“meet”の場合は、先ほども行ったように初対面のときなので、”again”は省きましょう。

 

ナオミ
It’s a pleasure to see you again.
またお会いできて嬉しいです。

 

スタローン
Pleased to meet you.
お会いできて嬉しいです。

 

スタローン
I’ve been looking forward to meeting you.
あなたにお会いできるのを楽しみにしていましたよ。

 

 

原因を表すto不定詞の捉え方

“I’m happy to see you.”の”to”は、原因を表すto不定詞が使われています

基本的な不定詞の考え方として、「先に起こること」というのがあります。

でも、結果を表すto不定詞の場合は、異なります。

先に起こる話ではなく、ある状況に直面した際に、結果を表すto不定詞を使います。

具体的に言うと、”I’m happy”というのは結果で、その原因として、”to see you”「あなたに会って」が来ます。

“too see you”→”I’m happy”という順番になります。

なので、不定詞と聞いて、「先に起こること」が必ずしも当てはまるとは限らないことを押さえておきましょう。

 

 

原因を表すto不定詞を使った例文

原因を表すto不定詞の例文をいくつか用意しました。

結果と原因を意識しながら、それぞれ数回音読してみましょう。

 

リョウ
I’m glad to meet you.
会えてうれしいよ。

 

 

 

リョウ
I’m surprised to see you here.
ここであなたに会えるなんて!

 

 

 

リョウ
I’m happy to hear that.
それが聞けてよかった。

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いかがでしたか?

機会があれば、久しぶりに会った外人の友人に素直な気持ちを表現してみましょう。

それでは、また会いましょう。

 

 

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。