「仕事が遅い」や「効率が悪い」の英語表現3選とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、「仕事が遅い」や「効率が悪い」の英語表現3選とその使い方についてお話します。

この記事を読めば、英語力がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

1. work slow

ナオミ
I work slow because I’m careful.
注意深いから仕事が遅いんだ。

 

もっともシンプルの言い方が”work slow”です。

実は”slow”は形容詞にも副詞にもなりこの場合は”slow”は「遅く」という意味なので副詞として使われていますね。

またフォーマルな場面や書面だと”slowly”を使うのが一般的です。

またslow”を使って、”at a slow pace”や”slow at work”のように表現することもできます。

マイク
I’m slow at work today.
今日は仕事の効率が悪いわ。
リョウ
Then stop checking Facebook.
じゃあフェイスブックチェックするのやめな。

 

“I’m usually slow at work.”と言えば、「仕事をするのが遅いんだ。」と例文のようにその日のことだけでなく習慣的な意味でも使うことができますよ。

 

ロバート
I can’t stand when people work at a slow pace.
人が仕事遅いとき耐えられないぜよ。

 

また「仕事が遅い人」と表現したいときは、”slow worker”という言葉がよく使われます。

スタローン
I’m a slow worker, so please be patient.
私は仕事が遅い人間なので、どうか我慢してください。

 

 

2. inefficient

リョウ
I think Tom is inefficient sometimes.
トムってたまに効率悪いよね。

 

仕事のムダが多い場合やクオリティーが低いとき同様に”inefficient”「非効率的な」が使われますが、ダイレクトな言い方でもあるので、個人的には“Tom isn’t efficient sometimes.”と”efficient”「効率的な」と言ったほうがソフトな響なのでよいでしょう。

 

 

3. not productive

ナオミ
I’m busy but not productive.
忙しいけど仕事が遅いんだよね。
マイク
Let me tell you how to be more productive.
仕事の生産性をあげる方法を教えてあげる。

 

“productive”で「生産力のある」という意味の形容詞ですが、例文ではあえて意訳して「仕事が遅い」と訳して使っています。

この単語も「効率が悪い」や「仕事が遅い」というときに使うことができます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、「仕事が遅い」や「効率が悪い」の英語表現3選とその使い方でした。

それでは、See you around!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。