満足できなくて「不満だよ」や「ダメだね」の英語表現とその使い方

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、満足できなくて「不満だよ」や「ダメだね」の英語表現とその使い方についてお話します。

この記事を読めば、さらに表現力がアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

満足できなくて「不満だよ」や「ダメだね」を英語で言うと?

まずは、二人の会話を見てみましょう。

アイヴァン
I heard you went to the newly opened restaurant yesterday. How was it? 
開店したばかりのレストランに昨日行ったって聞いたよ。どうだった?
リョウ
I’m not satisfied. I shouldn’t have been there.
ダメだね。行くんじゃなかったよ。

 

 

英語で「ダメだね。/不満だよ。」と伝えたいときは、”I’m not satisfied.”と言います。

相手に自分の感情を伝えたいときに使える便利な英会話フレーズです。

 

 

“satisfied”は過去分詞だよ

“satisfied”は、動詞”satisfy”「満足させる」の過去分詞で、直訳すると「満足させられる」となりますが、意訳して「満足な」という意味になります。

このような過去分詞は、感情を表す形容詞として扱われます

意味は「ダメだね。」や「不満だよ。」と文の内容によって変わってきます。

 

 

対象をはっきりさせるなら前置詞”with”を使おう

それでは二人の会話を見てみましょう。

マイク
Did you pass the English exam last month?
先月受けた英語の試験は合格した?
ナオミ
Yes, I did. But I’m not satisfied with the result.
うん、したよ。でも結果には満足してないんだ。

 

 

満足していない対象をはっきりさせたいときは、前置詞の”with”「〜と一緒に」を使いましょう。withのコアイメージは「つながり」です。

この場合だと、感情の原因を”with”で説明することになるんですが、コアイメージの「つながり」を関連付けにくいと思います。

でも考えてみると、まず外的な原因があって感情が起こるわけなので、そこに「つながり」があります。なので、withを使うと押さえておきましょう

 

 

その他の感情を表す過去分詞も押さえておこう

その他の感情を表す過去分詞
  • excited 「ワクワクした」
  • surprised 「驚いた」
  • relieved 「安心して」
  • confused 「混乱して」
  • worried 「心配な」

などなど。

まだまだ他にもたくさんありますが、過去分詞でも受動態として働くものと、このように形容詞的に使われるものもありますので、頭に入れておきましょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、満足できなくて「不満だよ」や「ダメだね」の英語表現とその使い方についてでした。

それでは、また会いましょう。

 

 

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業。現在はマニラを拠点にして海外を旅しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。