「マイペース」や「マイペースなやつ」、「マイペースな部分」の英語表現とその関連表現

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。

今日は、「マイペースで」や「マイペースなやつ」、「マイペースな部分」の英語表現とその関連表現についてお話します。

この記事を読めば、表現力がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

1. 「マイペースで」

ナオミ
I wanna work at my own pace.
マイペースに仕事がしたいわ。

 

マイク
Don’t worry. He’ll do it at his own pace.
心配しないで。彼は自分のペースでやるよ。

 

このように「マイペースで」と表現したいときは“at one’s own pace”が使われます。

 

 

2.「マイペースな性格」を表す表現

chill

マイク
She’s pretty chill.
彼女はとてもおっとりしてるね。

 

“chill”は形容詞で“very relaxed”という意味があります。

性格を表す場合、日本語だと「おっとり」が一番しっくりきますね。

その他にも“laid-back”「のんびりした」も入れ替えて使うことができます。

 

at one’s own pace

リョウ
I like doing my things at my own pace.
僕はマイペースなんだ。

 

冒頭で紹介したフレーズですが、こちらも例文のように性格を表す場合に現在形で表現することができます。

 

使わない方がいい”slow”

単純にスピードが遅い場合はマイペースに近い意味で使うことができますが、状況によっては理解の速度が遅い人に対して「頭が悪い」というネガティブな意味でも使うので「マイペース」と表現する際は”slow”は使わないほうがいいでしょう。

 

ナオミ
She’s a bit slow.
彼女ちょっととろいよね。

 

 

3. 「マイペースな部分」

マイク
I like his laid-back nature.
彼のマイペースな部分が好きだわ。

 

人の性格を表すときに”nature”「性質」もよく使われます。

「〜な部分」と表現したいときはこの英単語がピッタリですね。

 

 

 

関連表現2選

1. one’s way

ナオミ
He always do things his way.
彼には自己流のやり方があるの。

 

“one’s way”は「自己流で」という意味で使われます。

ちなみに前置詞”in”が”one’s way”直前に省略されていて副詞句として働きます

また文脈や状況によってはネガティブな意味にもなります。

マイク
Do your things your way.
自分勝手にやれば。

 

2. keep pace with

アイヴァン
It’s hard to keep pace with you.
あなたのペースに合わすのは大変だわ。

 

「人のペースに合わす」と表現したいときは“keep pace with 〜”を使いましょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「マイペースで」や「マイペースなやつ」、「マイペースな部分」の英語表現とその関連表現についてでした。

それでは、See you around!

 

 

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。