「また今度誘ってくれる?」”Maybe next time?”を英語でネイティブらしく言うと?

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”Maybe next time?”のネイティブ表現についてお話します。

この記事を読めば、ネイティブらしく誘いを断ることができるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

“How about next time?をネイティブらしく言うと?

「また今度誘ってくれる?」”How about next time?”をネイティブ風に言うと、”How about a rain check?”となります。

まずは、マイクとナオミの会話を見てみましょう。

 

マイク
Do you wanna go for a drink later?
後で一杯行かない?
ナオミ
That sounds good, but I have to work late tonight. How about a rain check
いいね、でも今夜は遅くまで残業しないといけないの。また今度誘ってくれる?

 

 

 

まず、”rain check”って何?

“rain check”はアメリカ英語のくだけた表現で、誰かからの誘いに対して、今回は無理だけど、次回の機会にしたいときに使う表現です。

由来はだいぶ昔のことになります。

雨の影響で野球観戦がキャンセルになったお客さんに、返金する代わりに、また次回晴れの日にいつでも見れるようにと無料のチケット、”rain check”を発行したことが始まりでした。

今では、野球観戦だけにかかわらず幅広い活動に対して使われるようになっています。

 

 

“take a rain check”と使われることも多い

“rain check”は、よく動詞”take”と一緒に使われることも多いです。

よく使われるセンテンスをマイクに紹介してもらいましょう。

日本語訳はあくまでも意訳になるので、”rain check”の意味を想像して、実際に声に出しながら文を読んでみましょう。

 

マイク
I will take a rain check.
また今度誘ってね。

 

 

 

マイク
Can I take a rain check?
また今度誘ってくれる?

 

 

 

マイク
(Do you) mind if I take a rain check?
また今度誘っていただけますか。

 

 

 

お店の広告の商品品切れに対しても”rain check”

お店の広告の商品が品切れた場合も、この”rain check”が使われることもあります。

実際のチケットとしてお客さんに販売されるものです。

広告宣伝している商品が品切れた場合、商品が入荷した際にいつもでお客さんが購入できるようにするためのチケットです。

マイクに例文を紹介してもらいましょう。

 

マイク
If we ran out of any advertised item, you can always request a rain check.
広告の商品が品切れた場合は、チケットをご依頼いただけます。

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「また今度誘ってくれる?」のネイティブ表現でした。

それでは、See you around!

 

 

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。