ネイティブは知ってる”not bad”「まぁまぁかな」の2つの使い方

こんにちは、リョウです。

今日は、”not bad”「まぁまぁかな」の2つの使い方についてお話します。

この記事を読めば、ネイティブと同じように”not bad”を使いこなせるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

“Not bad.”の意味

相手に調子を聞かれて「まぁまぁかな。」と英語で伝えたい時は、”Not bad.”と言います。まずは、二人の会話を見てみましょう。

友人と会って…

リョウ
How are you doing, Hiro?
ヒロ、元気?
ヒロ
Not bad.
まぁまぁかな。

 

 

 

“Not bad.”はポジティブな意味

“not bad”は、ポジティブな意味で「まぁまぁ」で使われることが多いです。”I’m”をつけて”I’m not bad.”と言っても問題ありませんが、日常会話では省くことが多いです。

また副詞”too”「〜すぎる」を入れて、同じ意味で“Not too bad.”ということもできます。”How are you?”「調子はどう?」と聞かれて、”So-so.”「まぁまぁかな。」ということもできます。

でも、実際の会話では今回のフレーズのほうが圧倒的に使われます。

 

 

その他にも使える挨拶表現4選

その他にも、よく使う挨拶表現があるので、ご紹介しておきます。それぞれ、体調や気分によって使い分けましょう。

マイク
How are you today?
今日調子はどう?
リョウ
As usual./As always.
いつも通りだよ。
リョウ
Good.
調子はいいよ。
リョウ
Couldn’t be better.
最高だね。

 

 

 

“Not bad.”の語尾を上げ下げするだけで、意味が変わる!

“Not bad.”には、実は発音のトーンを変えるだけで、意味が2つ存在します。1つ目は、すでにご紹介しているポジティブな意味の「まぁまぁかな。」です。もう一つが、ネガティブの意味の「ひどくはないけどいまいち。」です。

冒頭で、”Not bad.”はポジティブな意味で使われる、と紹介していますが、実際その意味でよく使われることが多いです。でも、ネガティブな意味でも使われることがあります。

 

 

ポジティブなのかネガティブなのかの、見分け方

ポジティブな意味であれば、”Not bad.”の語尾が上がる傾向があります。あとは文脈や雰囲気で読みとることです。ネガティブな意味の場合はそれと反対に語尾が下がります。プラス文脈と雰囲気ですね。

 

  • ポジティブな”Not bad.”

 

  • ネガティブな”Not bad.”

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、ネイティブは知ってる”not bad”「まぁまぁかな」の2つの使い方でした。

外国人の方と挨拶をする機会があれば是非使ってくださいね。

それでは、また会いましょう。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。