「しょうがない」と言いたいときの英語表現3選とその使い方

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、「しょうがない」と言いたいときの英語表現3選とその使い方についてお話します。

この記事を読めば、さらにスムーズに会話を進めることができます。

それでは、まいりましょう。

 

 

“oh well”

アイヴァン
The restaurant is closed already.  It’s still 9:30 though.
そのレストランもう閉まっちゃってるね。まだ9時半だけど。
リョウ
Oh well. Is there any other Italian restaurant around here?
まぁしょうがない。この辺りに他のイタリアンレストランはある?

 

 

「しょうがない。」と英語で伝えたいときは、”Oh well.”と言います。

手段や方法もなく、諦めるしかないときにとっさの表現としてよく使われる英会話フレーズです。

”well”だけだと、「えーと、あのー、そーね」と、話の間を埋めるときにもよく使います。

今回の場合、驚きを表すときに使う間投詞”oh”と一緒に使うことで諦めの表現として使うことができます。

 

 

文脈によっては、「戸惑い」を表す

アイヴァン
I  didn’t know that you went out for beers with my female friend though.
私の女友達と一緒にビール飲みに行ってたなんて知らなかったんだけど。
リョウ
Oh, well, I… I was just gonna tell you.
あ、まぁ、ちょうど言おうと思ってたんだ。

 

“oh well”は必ずしも諦めの意味になるとは限らず、文脈によっては「え、まぁ」のように戸惑いを表すこともできますよ。

 

 

“I/You have no choice.”

マイク
I don’t want to go to work today. I wish I could take a rest anytime I want.
今日は仕事行きたくないな。自分が好きなときに休めたらな。
リョウ
You have no choice. Just take a shower and get yourself ready.
しょうがないよ。ほら、シャワー浴びて、準備しな。

 

 

“I/You have no choice.”で「しょうがないよ。」という意味です。

客観的または主観的に見て、状況的にそれをやるしか選択肢がないときに使います。

主語は”I”または”You”が良く使われますので、両方入れています。

もちろん、状況によって、”he”や”she”などと置き換えて使っても問題ないですよ。

 

 

”That’s life.”

リョウ
I didn’t get promoted. I thought I really could this time though.
今回昇進しなかったんだ。今回はできると思ったんだけどね。
ロバート
Well, that’s life. That means you still have something you can improve.
まぁ、しょうがないよ、それが人生だよ。ってことはだよ、君にはまだ成長できるところがあるってことよ。

 

 

“That’s life.”で「しょうがない、それが人生だよ。」という意味です。

1つ目と2つ目のフレーズと比べて、もう少し深ーいことに対して使います。

人生は、もちろん自分たちが予期する通りには、行きません。

そんなときに、相手が落ち込んでいるときに、サラッとこのフレーズが使えるといいですね。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「しょうがない」と言いたいときの英語表現3選とその使い方についてでした。

機会があれば使ってみてくださいね。

それでは、また会いましょう!

 

 

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業。現在はマニラを拠点にして海外を旅しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。