飲み会で使える「ほろ酔いです」英語表現3選とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。今日は「ほろ酔いです」の英語表現についてお話します。この記事を読めば飲み会での会話力がさらにアップします。それでは、まいりましょう。

 

 

「ほろ酔い気分です」を英語で言うと?

「ほろ酔い気分です。」と英語で伝えたいときは、“I feel a buzz.”または“I feel tipsy.”と言います。お酒の場でよく使われる便利なフレーズです。まずは、二人の会話を見てみましょう。

マイク
Do you want another one?
もう一杯飲む?
リョウ
No, I’m good. I already feel a buzz/tipsy.
いや、大丈夫。もうほろ酔いなんだ。

 

 

 

“buzz”と”tipsy”の意味

“buzz”は名詞で「ほろ酔い」で”tipsy”は形容詞で「ほろ酔いの」という意味です。”I’m drunk.”「酔っています。」も有名なフレーズですが、「ほろ酔いだー。」って言いたい時は今回のフレーズがピッタリです!その他にも同じ意味で、通常”feel”は現在進行形で使うことはできませんがその時の感覚を強調したいときには、進行形を使って”I’m feeling a buzz/tipsy.”と言うこともできます。

 

 

“buzz”と”tipsy”の違い

“tipsy”はほろ酔いレベルでいうと”buzz”よりさらに上になります。女性は男性より酔いやすいことから“tipsy”は主に女性に使われる傾向があります

 

 

へべれけになったときは何て言う?

ほろ酔いではなくへべれけまたは泥酔してしまった経験、皆さん人生に1度くらいありますよね。そういうときは、”wasted”を使います。まずは二人の会話を見てみましょう!

ナオミ
You’re not talking properly. You’re wasted, aren’t you?
ちゃんと話せてないよ。酔っぱらってんの?
マイク
No, I’m not. I’m pretty fine.
いや、酔っぱらってないよ。全然大丈夫。

 

 

“feel”やbe動詞と一緒に使おう

“wasted”も”feel tipsy”と同じように、動詞”feel”やbe動詞と一緒に使いましょう。上の会話ではbe動詞を使っていますが、もちろん”I feel wasted”のように言うこともできますよ。

 

 

“wasted”が「へべれけ」という意味になるわけ

皆さんが”waste”で思い付く意味は「浪費する、むだにする」ではないでしょうか。実はそれだけではありません。「消耗させる」という意味もあります。過去分詞”wasted”を直訳すると、「消耗させられた」という意味になります。泥酔状態のときって、体がふらふらして体力が消耗されている感じしませんか?だから、“wasted”を使うということになります。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が「ほろ酔いです」の英語表現についてでした。機会があれば是非使ってくださいね。それでは、また会いましょう。

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。