「ちょっと失礼します」の英語表現とその使い方【日常からビジネス】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は「ちょっと失礼します」の英語表現についてお話します。この記事を読めば失礼なくその場から少し抜け出すことができます。それではまいりましょう。

 

 

まずは会話を聞いてみよう

まずは二人の会話を見てみましょう。Here we go!

ナオミ
Would you excuse me a minute?  I just need to take this call.
ちょっと失礼いたします。ちょっと電話に出る必要がありまして。
ロバート
Oh, sure.
お、わかりました。

 

 

 

“Would you excuse me a minute?の意味

「ちょっと失礼します。」を英語で伝えたいときは、”Would you excuse me a minute?”と言います。話している最中にちょっと抜け出さないといけないってときに使える便利な英会話フレーズです。みなさんがいつも使っている”excuse me”「すみません。」には他にも違う意味あるんです。

このフレーズがどうして「ちょっと失礼いたします。」という意味になるのか砕きながらまず説明します。“Would you ~?”は丁寧な聞き方で、「~していただけますか?」と言いたいときに使われます。そしてここでの“excuse ~”は動詞で「~が立ち去るのを許す」という意味です。それぞれの意味を知った上で訳すと「ちょっと私が立ち去るのを許していただけますか?」となり、意訳して「ちょっと失礼します。」となります。カジュアルに「ちょっと失礼するね。」と言いたいときは、”Can you”を使って、”Can you excuse me a minute?”と言うこともできますよ。

 

 

「すみません。」という意味の”excuse me”

店員さんや人を呼び止めるときに使う、”Excuse me”「すみません。」ですが、なぜこういう訳になるのか改めて考えてみましょう。この”excuse”は「〜を許す」という意味です。言外に含まれた意味を考慮して訳すと「(急に呼び止めた)私を許してください。」というような感じになります。そうするとなぜそもそも意訳が「すみません。」になるのかわかってきます。

 

 

“a minute”を省いてさらに使いこなす!

“a minute”を省いてエレベーターなどで前に人がいて通れないときにも丁寧な表現として使うこともできます。”Would you excuse me?”も直訳すると「私が立ち去るのを許していただけますか?」となりますが、意訳して「ちょっと通していただけますか?」となります。

普通に言いたい場合は”Excuse me”「通してください。」を使いましょう。また二人以上なら”Excuse us.”となりますね。正直こちらのほうが多く使われますが、今回の丁寧な表現も場面によって使い分けわれるようになりましょう。それでは二人の会話を見てみましょう。Here we go!

<エレベーターで前に人がいて通れなくて>

リョウ
Would you excuse me?
ちょっと通していただけますか?
マイク
Oh, sorry.
お、すみません。

 

 

 

Excuse meに関連する記事

「通していただけますか?」の英語表現とその使い方【電車やバスなどで使える】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が「ちょっと失礼します」の英語表現についてでした。機会があれば是非使ってみましょう。それでは、See you again!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。