「まさに~するところだった」の英語表現とその使い方【前置詞about使います】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”about”で「まさに~するところだった」の英語表現とその使い方についてお話します。この記事を読めばさらに表現力がアップします。それではまいりましょう。

 

 

“about”で「まさに~するところだった」の英語表現とその使い方

電話で…

スタローン
Hello, Jacob. How have you been?
やぁ、ジャコブ。元気してた?
ジャコブ
Hey, I was about to call you.
やぁ、ちょうど電話をかけるところだったんだ。

 

 

英語で「ちょうど~するところだったんだ。」と言いたいときは”I was about to ~.”を使います。何かしようとしていたけど、結局しなかったときによく使う便利な英会話フレーズです。“be about to ~”「まさに~しようとしている」という意味になります。基礎文法を知っている人なら「aboutの後ろになぜ動名詞ではなくて不定詞がくるの?」と疑問に感じたかもしれません。しかし、この”about”は前置詞ではなく、形容詞として使われています。

 

 

“just”を付けて強調できる

「まさにちょうど~するところだったんだ。」と「ちょうど」を入れて強調したいときは”just”を使いましょう。

 

 

この”about”は実は形容詞だよ

基礎文法を知っている人なら、”about”は、前置詞という認識があるかもしれません。ただ、この場合、前置詞の後ろに不定詞が来ているので(例外はありますが)通常不自然です。前置詞の後ろには、名詞や動名詞など、名詞として働くものが置かれます。ではこの”about”は何なのか?実は「まさに~しようとして」という形容詞です。その後ろにto不定詞が来ている形になります。

 

 

“about”のコアイメージをしろう

aboutには「周辺」というコアイメージがあります。上の例文で言うと「電話をかけるために周辺にいた。」→「まさに電話をかけるところだったんだ。」となります。

 

 

“be going to do”との違いは?

友人から電話がかかってきて…

リョウ
I was going to call you now.
今君に電話を掛けようとしていたところだよ。

 

 

いつ電話するか聞かれて…

リョウ
I’m going to call him tomorrow.
彼に明日電話する予定です。

 

 

未来の予定を表す”be going to do”との違いはなんでしょうか。違いは同じ未来でも、”be going to do”の場合は、状況次第で、「今ちょうど行おうとしていたこと」も表現できるし、「もっと先に起こる未来の予定」も表現することができるのです。なので”be about to”は今まさにすることにだけしか使えないけど”be going to do”はどっちにも使えるということになります。

 

 

aboutに関連する記事

「アバウト」は卒業!”about”のネイティブ発音方法

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”about”で「まさに~するところだった」の英語表現とその使い方についてでした。機会があれば是非使ってくださいね。それでは、また会いましょう。

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出