“that”の意外な使い方「そんなに〜でない」を英語でいうと?

毎月100名様限定

毎月100名様限定

こんにちは、リョウです。

今日は、”that”の意外な使い方「そんなに〜でない」を英語でいうと?についてお話します。

相手に程度を伝えるときに使える便利な英会話フレーズです。

それでは、まいりましょう。

 

 

“that”の意外な使い方

まずは、スタッフの会話を見てみましょう。

アイヴァン
How was your work today? Was it busy?
今日仕事はどうだった?忙しかった?
リョウ
It wasn’t that busy. How about you?
そんなに忙しくなかったよ。そっちは?

 

 

 

  • レストランで
スタローン
How is your food? 
君の料理はどう?
ナオミ
I don’t like it that much.
そんなに好きじゃないわ。

 

 

 

この”that”の正体は?

“not that 〜”で「そんなに〜でない」という意味になります。”that”は、代名詞「あれ」のイメージが強いですよね。でも”that”は代名詞だけでなく、副詞としても使うことができます。ちなみに、会話ではとても頻繁によく使われます。

意味は、”not that 〜.”「そんなに〜でない」と程度や数量を表します。似たような言葉でいうと、”not very”ですね。

主に形容詞や副詞を修飾します。

1つ目の会話では、形容詞”busy”「忙しい」を修飾して“not that busy”で「そんなに忙しくない」となります。そして、2つ目の会話では、副詞”much”「とても」を修飾して“not that much”で「それほど」となります。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いかがでしたか?

機会があれば、是非使ってみてくださいね。

それでは、また会いましょう!

4 件のコメント

  • すごく参考になりました!
    thatがこんなに使えるなんて!!
    使えるフレーズが増えました!
    ありがとうございます

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    RYO英会話ジム

    /弊社のアピールポイント/
    1.業界初ジム系オンラインスクール
    2.月間30万アクセスの優良サイト
    3.海外で通用する英語力が身につく
    4.自信や自由を手に入れたい人を応援

    /代表RYOのプロフィール/
    セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
    株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。