必須共感フレーズ!「それは残念ですね」って英語で何て言う?

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、「それは残念だね。」の英語表現についてお話します。

この記事を読めば、さらに共感力がアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

「それは残念ですね」を英語で言うと?

「それは残念ですね。」と英語で伝えたいときは、”That’s too bad.”と言います。

話している相手からよくない知らせを聞いたときに使える便利な英会話フレーズです。

 

まずは、二人の会話を見てみましょう。

マイク
I didn’t pass the interview. I thought I gave them a good impression though.
面接に落ちたよ。いい印象だったと思うんだけどな。
リョウ
Oh, that’s too bad. Well, better luck next time.
あーあ、それは残念だったね。まぁ、また次があるよ。

 

 

 

“bad”は「悪い」という意味?

この”bad”は「悪い」という意味で広く知られています。

でも、ここでの”bad”は「残念な」という意味です。

会話では通常、副詞”too”「〜すぎる」と一緒に使われます。

 

 

“I’m sorry.”と”That’s too bad.”の違い

その他にも同じような意味で、”I’m sorry.”「残念だね。/気の毒だね。」と言うこともできますが、”That’s too bad.”より同情の度合が強いときに使われます。

例えば、誰かが重い病気になったときや、知人が亡くなったときに使われます。

マイク
My dog passed away last night.
うちの犬が昨晩亡くなったんだ。
アイヴァン
I’m sorry.
お気の毒ね。

 

 

 

一方、”That’ too bad.”は上の会話のような場面や、好きな人との初デートが成功しなかったこと、風邪を引いたことなど、もう少し残念の度合が低いものに対して使われます。

それぞれ違いを意識して使い分けましょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「それは残念だね。」の英語表現についてでした。

友人からよくない知らせを聞いたときのあいづちとして使えるようになりましょう。

それでは、また会いましょう!

 

 

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業。現在はマニラを拠点にして海外を旅しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。