ニュアンスでわかる!「それだけの価値はある」って英語で何て言う?

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、「それだけの価値はある」の英語表現についてご紹介します。

この記事を読めば、表現力の幅がさらに広がります。

それでは、まいりましょう。

 

 

まずは会話を聞いてみよう

まずは二人の会話を見てみましょう。

マイク
How was the restaurant you went to with your husband for your  anniversary?
一年記念に旦那さんと行ったレストランはどうだった?
アイヴァン
Actually, it was super expensive,but since everything was so delicious. It’s worth it.
実はね、すごく高かったんだけど全部おいしかったわ。それだけの価値はあるね。

 

 

 

“It’s worth it.”の意味と使い方

「それだけの価値はあるよ。」と英語で伝えたいときは、“It’s worth it.”と言います。

worthは「~の(~する)価値があって」という意味で、前置詞的に使うことができる形容詞です。

なので、特殊な形容詞であるということを認識しておいてください。

前置詞的に使われるということは、直後に名詞(代名詞)や動名詞を置くことができます。

今回、紹介しているフレーズの場合だと、”worth”の後に代名詞”it”がきています。

では、”It’s worth it.”と、2つの代名詞”itの意味は何なのかと不思議に思いますよね。

置き換えるとこんな感じになります。

 

リョウ
Everything is worth being expensive.
すべて(のサービスや食べ物)は値段が高いだけの価値がある。

 

 

という感じになります。代名詞”it”が指すものはそれぞれ違うのです。

ややこしいですねー。

話の内容によってそれぞれのitが指すものが決まってきます。

 

 

“worth”を応用して使ってみよう

では、応用としてこの代名詞itを置き換えて使ってみましょう。

まずは二人の会話を見てみましょう。

ナオミ
This movie is worth watching.
この映画は見る価値があるよ。
マイク
Cool. Can I borrow it?
いいね。借りてもいいかな?

 

 

というように置き換えて使うこともできます。

上の会話では、”worth”の後に動名詞”watching”「見ること」が来ています。

もちろん名詞を置いて、こんな感じで使うこともできます。

ナオミ
This paining is worth a million dollar.
この絵画は100万ドルの価値があります。

 

 

“worth”は形容詞としても使える?

前置詞的に使える”worth”は、完全な形容詞として使う場合もあります。

例えば下記のような文があったら、

マイク
Visiting Singapore is worth.
シンガポールに行くことは価値がありますよ。

 

 

この場合の”worth”は形容詞として働いています。

また頭に少し長めの句が来た場合は、”visiting Singapore”を”it”と置き換えて使います。

例えば、下記のように”visiting Singapore”を文末によくもっていきます。

 

マイク
It’s worth visiting Singapore.
シンガポールに行くことは価値がありますよ。

 

 

のように英語は恰好とバランスを気にするのです。

なので、こういう場合の”worth”は前置詞的な形容詞ではありません。

そのあたりを見分けられると、さらに英語が楽しくなってくるでしょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、「それだけの価値はある」の英語表現でした。

それでは、また会いましょう!

 

 

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業。現在はマニラを拠点にして海外を旅しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。