英語で「そっちのほうがいい」”That is better”をネイティブらしく言うと?

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”That is better.”をネイティブ風に言った場合の表現についてお話します。

この記事を読めば、ネイティブのような言い回しができるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

「そっちのほうがいい」をネイティブらしく言うと?

「そっちのほうがいい。」を英語で言うと、”That is better.”ですが、これをネイティブ風に言うと”That’s more like it.”となります。まずは、ナオミとアイヴァンの会話を見てみましょう。

ショッピングモールで…

ナオミ
Do you think Mike will like this blue colour?
この青色マイク気にいると思う?
アイヴァン
I know he likes blue, but that’s a bit too bright for him, isn’t it?
彼が青色好きなのは知ってるけど、それちょっと彼には明るすぎない?
ナオミ
Okay. How about this one? I like this one better actually.
そっか。これはどう?実はこっちのほうが好きなの。
アイヴァン
Yeah, that’s more like it.
うん、そっちのほうがいいよ。

 

 

 

カジュアルな場面でよく使う”That’s more like it.”

冒頭で軽く説明しましたが、何かが前よりよくなったときにネイティブがよく使うイディオム表現です。”it”が指しているものは、話し手が「理想とするもの」です。上の会話の場合で言うと、アイヴァンが理想としていたものと近かったので、”That’s more like it”と言っています。

“That’s better”ともちろん表現してもいいですが、カジュアルな会話の中で、”That’s more like it.”をサラッと言えると英語上級者といった感じですね。

 

 

“like”の品詞は?

この”like”は動詞の「好き」という意味ではなく、前置詞の「〜のような」という意味になります。後ろに”it”が来て、”like it”で形容詞の働きをしています。“that”=”like it”がイコールの関係になっているので、補語と言えますね。

 

 

“more”は副詞?

副詞は、主に動詞や副詞、形容詞などに修飾します。今回の場合だと、”like it”を形容詞のかたまりと考えれば、形容詞に修飾している副詞”more”と考えることができます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”That’s better.”をネイティブ風にいう表現でした。

それでは、See you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。