「そういう意味じゃない」の英語表現3選とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、「そういう意味じゃないよ。」という英語表現について、ご紹介します。

相手が自分の言ったことが相手にうまく伝わっていないときってありますよね。そういうときに、今回のフレーズはまさにピッタリです!

それでは、まいりましょう。

 

 

1. “That’s not what I ~.”

リョウ
We’ve been arguing a lot these days. I guess you’re being moody.
最近俺たちよく喧嘩するね。機嫌悪いね。
アイヴァン
So, you’re saying that it’s my fault?
じゃあ、私のせいってこと?
リョウ
No, that’s not what I meant.
いや、そういう意味じゃないよ。

 

 

 

意味は、「そういう意味じゃないよ。」となります。形として、”That’s not what I 〜.”「それは私が〜したもの/ことではありません。」を押さえておきましょう。例えば、こんな言い回しもよく使います。

ナオミ
That’s not what I heard.
それは私が聞いたことじゃない。
マイク
That’s not what I want.
それは私がほしいものじゃない。

 

 

疑問文にしても、よく使うよ

“what sv”の”sv”の部分を入れ替えたり、文自体を疑問文にするだけで、様々な表現ができます。否定文も含めて、例文をいくつか紹介するので、音読して口に馴染ませましょう。

ナオミ
Is that what you want?
それが君がほしいもの?

 

 

 

マイク
Is that what he said?
それが彼が言ったこと?

 

 

 

ナオミ
That’s not what you said earlier.
あなたがさっき言ったこととちがうよ。

 

 

 

マイク
That’s not what I ordered.
それは僕が注文したものじゃないよ。

 

 

 

2. 同じ表現、”I didn’t mean it that way.”

友人が歳取ったねと言ってきて..

ナオミ
Did you say that I’m getting old?
歳取ってきてるって言った?
マイク
I didn’t mean it that way. I meant you’re getting mature.
そういう意味で言ったんじゃないよ。大人になってきてるってことだよ。

 

 

紹介している”That’s not what I mean.”と同じ表現も紹介します。それは”I didn’t mean it that way.”で意味は「そういう意味で言ったんじゃないよ。」となります。ちょっと注目したいのが”that way”の使われ方ですが、こちら前に前置詞”in”が省略されています。もともとは、”in that way”という形で、「そういう意味で」となります。

 

 

3. もう一回言い直しで、”I mean, ~.”

友人と時計屋さんで、時計を見ていて…

ナオミ
I can’t buy this watch.
この時計は買えないわ。
マイク
Yeah, it’s pricey.
確かに、高いね。
ナオミ
I mean, this is too girly. I don’t like this kind of watch.
っていうか、これ女の子っぽすぎ。この種類の時計好きじゃないんだよね。

 

 

相手に伝えたい内容が、相手にうまく伝わっていないときありますよね。そういうときは”I mean, ~.”「っていうか、~」を使いましょう。”mean”の意味は「~を意味する」です。この場合直訳すると「私は~、ということを意味する」→「っていうか、~。」となります。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「そういう意味じゃない」の英語表現3選とその使い方でした。

それでは、See you next time!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。