必須2パターン!「おごるよ」を英語で何て言うと?

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

「おごるよ。」と英語で伝えたいときは、It’s on me.と言います。

友人や同僚などとレストランやバーに行ったときによく使える便利な日常会話フレーズです。

 

まずは、二人の会話を見てみましょう。

スタローン
It’s on me this time. Because I remember you treated me last time.
今回は俺のおごりね。前回おごってもらったからね。
リョウ
Ah, yeah. Thanks.
あ、そうだったね。ありがとう。

 

 

 

前置詞”on”のコアイメージを理解しよう

なぜ”on me”で「おごる」になるか不思議に考えてしまうかと思いますが、”on”のコアイメージを知っていれば理解しやすくなります。

onのコアイメージは「接触」です。

“it”で置き換えているものは代金ですね。

コアイメージから考えると、「代金が私に接触している」のようなイメージになります。

そうすると、”It’s on me.”が「おごる」という意味になるのがわかるような気がしませんか。

 

 

代名詞”it”を置き換えてさらに使いこなそう

具体的におごるものを伝えたいのであれば、”Lunch is on me.”「ランチは私のおごりだよ。」 や“Drinks are on me.”「飲み物は私のおごりね。」のように”it”の部分を変えて使うこともできます。

 

 

“treat”も押さえておこう

”treat”は名詞で「おごり」、また動詞で「おごる」という意味でよく使われます。

動詞で使う場合は“treat + 人 to 物”と必ず先に人が来ます。

よく逆にしてしまうことがありますので気を付けましょう。

二人の会話を見てみましょう。

ナオミ
Let’s get the bill.
お勘定しよう。
アイヴァン
Yeah. It’s my treat this time.
うん。今回は私のおごりね。

 

ナオミ
Hey, I’ll treat you to dinner tonight.
ねぇ、今夜夕食おごるよ。
マイク
Wow, thanks. Did something good happen to you?
わぁ、ありがとう。何かいいことでもあったの?

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いかがでしたか?

機会があれば是非使ってくださいね。

それでは、また会いましょう。

 

 

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業。現在はマニラを拠点にして海外を旅しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。