めちゃ使えるあいづち4選!「うんうん」や「そっか」の英語表現とその注意点

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんばんは、リョウです。

今日は、めちゃ使えるあいづち4選!「うんうん」や「そっか」の英語表現とその注意点についてお話します。

これから紹介するフレーズを使えば、必ず会話で聞き上手になること間違いなしです。

それでは、まりましょう。

 

 

“Uh-huh”と”I see.”は鉄板!

まずは二人の会話を見てみましょう。

ナオミ
You know that guy we met earlier at the shop?
お店でさっき会った子(男性)いるじゃん?

アイヴァン
Uh-huh.
うんうん。

 

 

外国人と英語を話していると頻繁聞くあいづち表現で、相手に「うんうん。」とあいづちを打ちたいときは英語で”Uh-huh.“と言います。

相手の話をしっかり聞いていることを伝えたいときに使える便利なあいづち表現です。

ちなみに発音は「アァハァ」のように言います。

 

では、もう一つのフレーズ”I see.”も会話でご紹介します。

ナオミ
I didn’t like the food that we ate last night.
昨日の晩に食べた料理気に入らなかったわ。
マイク
I see. I was okay with that though.
そっか。俺は大丈夫だったけどね。

 

 

また「そっか。」という意味で、“I see.”を使うこともできます。

相手の意見に納得するときに使う”I see.”「なるほど。」ではなく、話を聞いてますよというサインを送る”I see.”です。

 

 



同意に使えるフレーズ2選

その他にも、同じような意味でカジュアルに使えるフレーズが2つあります。

相手の意見に同意する意を込めて、

スタローン
Yeah.
そうだね。

 

 

ナオミ
Right.
確かに。

 

 

“yeah”は”yes”のカジュアルな言い方になりますが、このように会話では頻繁に使われます。

ご紹介した”I see.”と似ていますが、単純に相手の質問に対して「はい」と答えるときだけに使われるわけではなく、実は相手の話を聞いてますよ、という相槌にも使うことができます。

また、”Right.”は、「正しい」という意味から派生して相手に同意する意味で「そうだね。」となります。

 

 

相槌のし過ぎには、注意!

私たち日本人は、あいづちを頻繁にする文化があるのであいづちをしていないと話を聞いていないような印象を相手に与えることさえありますよね。

そういった背景もあり英語を話すようになってから日本人がどれだけあいづちをよくするのがわかります。

それも英語圏では日本のように頻繁にあいづちをする習慣がないからです。

なので、適度に必要なときだけ相槌をするように心がけましょう。

例えば、「そうだよね、そうだね。」や「はい、はい、はい」と日本語だと強調して、会話の中で繰り返し使うことがありますね。

そして、英語でも下記例文のようになりがちです。

マイク
Yeah, Yeah, Yeah.
はい、はい、はい。

 

 

と繰り返し使ってしまいます。

日本語英語を貫くのであれば、まったく問題ありませんが、英語圏の人からみると不自然な返しに見えることは間違いありませんw

そのあたりを理解しながら、相槌表現を使っていきましょう。

 

 

Youtube動画で聞き流す

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いかがでしたか?

相手に聞いていることや同意したい時は是非使ってくださいね。

それでは、また会いましょう。

 

 

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業。現在はマニラを拠点にして海外を旅しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。