「うんうん」や「そっか」を英語で何て言う?ご紹介、必ず英語で使えるあいづち4選!

こんばんは、リョウです。

今日は、あいづちでよく使う「うんうん」や「そっか」を英語でどう表現するかご紹介します。

これから紹介するフレーズを使えば、必ず会話で聞き上手になること間違いなしです。

それでは、まりましょう。

 

 

まずは二人の会話を見てみましょう。

ナオミ
You know that guy we met earlier at the shop?
お店でさっき会った子(男性)いるじゃん?

アイヴァン
Uh-huh.
うんうん。

 

 

 

ナオミ
I didn’t like the food that we ate last night.
昨日の晩に食べた料理気に入らなかったわ。
マイク
I see. I was okay with that though.
そっか。俺は大丈夫だったけどね。

 

 

 

“Uh-huh”と”I see.”

相手に「うんうん。」とあいづちを打ちたいときは、英語で”Uh-huh.“と言います。

外国人と英語を話しているとよく聞くあいづち表現です。

相手の話をしっかり聞いていることを伝えたいときに使える便利なあいづち表現です。

発音は「アァハァ」のように言います。

また、「そっか。」という意味で、“I see.”を使うこともできます。

相手の意見に納得するときに使う”I see.”「なるほど」ではなく、話を聞いてますよ、というサインを送る”I see.”です。

 

 

同意に使えるフレーズ2選

その他にも、同じような意味でカジュアルに使えるフレーズが2つあります。

相手の意見に同意する意を込めて、“Yeah.”や、“Right.”と言うこともできます。

どちらも、「そうだね。」という意味になります。

“yeah”は”yes”のカジュアルな言い方です。

単純に相手の質問に対して、「はい」と答えるときだけに使われるわけではありません。

実は、相手の話を聞いてますよ、という相槌にも使うことができます。

また、”Right.”は、「正しい」という意味から派生して、相手に同意する意味で「そうだね。」となります。

 

 

相槌のし過ぎには、注意!

私たち日本人は、あいづちを頻繁にする文化があります。

逆にあいづちしていないと、話を聞いていないような印象を相手に与えることさえあります。

英語を話すようになってから、日本人がどれだけあいづちをし過ぎかがわかるくらいです。

ただ、英語圏では、あいづちをし過ぎると逆に話を聞いていない印象を与える可能性もあります

なので、適度に必要なときに相槌をしましょう。

例えば、「そうだよね、そうだね。」や「はい、はい、はい」と日本語だと強調して、会話の中で繰り返し使うことがありますね。

そして、英語でも“Yeah, Yeah, Yeah.”と繰り返し使ってしまいます。

日本語英語を貫くのであれば、まったく問題ありません。

でも、本場の英語から言うと不自然な返答になってしまいます。

そのあたりを理解しながら、相槌表現を使っていきましょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いかがでしたか?

相手に聞いていることや同意したい時は是非使ってくださいね。

それでは、また会いましょう。

 

 

英会話初心者の人が必ず読んでおきたいフレーズ本4選

2018.06.11

驚き必須5フレーズ!「マジで?」って英語で何て言う?

2016.06.30

友達にシェアして教えてあげる

RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中