ビジネスやカジュアルな場で、「いつ都合がいいですか?」って英語で何て言うの?今日からはこのフレーズを使って相手の予定を聞くことができる!

「いつ都合がいいですか?」と英語で伝えたい時は、When are you free?と言います。友人や同僚などを誘うときによく使う便利な日常英会話フレーズです。

 

まずは、二人の会話を見てみましょう。

リョウ
I want to see a movie next time.
今度映画見に行きたいな。
ロバート
Sounds good. When are you free?
いいね。いつ都合がいいの?

 

 

 

“Where are you free?”未来の話なのに、なぜ現在形?

“free”は形容詞で「暇な」という意味です。未来のことを聞いているのに、なぜ現在形を使うのだろうと思った方はいませんか。

一般的に未来のことは不確定なものですが、確定的な未来・予定を表す場合には現在時制でOKです。例えば、”What time does next bus come?”と現在時制を使うのは、バスが来る時間はスケジュールで確定しているからです。これも確定的な予定ですよね。

この場合、相手の確定した予定を前提にいつ都合がいいか聞いていることになります。

 

 

同じ意味で”convenient”や”good”も使える!

「(物が)便利な」という意味で使う形容詞”convenient”は、時間に対しても使うことができます。時間に対して使うときは「都合が良くて」という意味になります。

ただ、”free”や”available”のように主語に人を取ることができません。とりあえず、下の会話を見てみましょう!

 

リョウ
I wanna get together with our high school friends.
高校の友達と集まりたいな。
マイク
I can ask them. When will it be convenient for you?
聞こうか。いつ都合がいいの?

 

 

このように主語に人はとりません。誰かを明確にしたいときは前置詞”for”を使いましょう。

もう一つが、形容詞”good”です。時間の都合を聞くのとまったく接点のない単語に見えますが、その話をするときにも使えちゃいます。

 

リョウ
Let’s go shopping.
買い物に行こう。
マイク
When’s good for you?
いつ都合がいい?

 

 

ビジネスの場では、”available”

また、ビジネスなどの場で丁寧に伝えたい場合は、”When are you available?”と言いましょう。ちなみに”available”は形容詞で「手があいていて」という意味です。

 

 

時間を特定するなら”what time”や”what day”

“when”のように漠然とじゃなくて、時間をもっと特定したいときは、”what time”や”what day”を使いましょう。”free”や”available”なら、”What time are you free?”、”What day are you available?”のように使います。

「日時」を聞きたいときは、”what day”と”what time”を組み合わせて、”what day and time”を使いましょう。

 

リョウ
What day and time are you free?
都合の良い日時はありますか?
マイク
I’m free on March 7th. You?
3月7日は都合がいいですよ。君は?

 

 

答えるときは、”How about ~?”

いつ都合がいいか聞かれて、自分の都合がいい曜日・時間を伝えたいときは、”How about ~?”を使いましょう。

 

アイヴァン
When will it be convenient for you?
いつ都合がいいですか?
ナオミ
How about this Friday?
今週の金曜日はどうですか?

 

 


 

いかがでしたか?機会があれば是非使ってみてくださいね。それでは、See you again!

 

 

いますぐ知っておきたい"meet"と"meet with"、"meet up"の違いと簡単な使い分け!

2017.12.08

「カナダに行ってきます」"I'm going to Canada."を英語でネイティブ風に言うと?

2016.12.11

ネイティブが発音する"going to"がなぜ聞き取れない?今日からは「ゴーイングトゥー」を卒業しよう!

2016.11.03
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

旅行英会話からビジネス英会話まで会話で役立つ情報はもちろん、海外に住んでいるからわかる旬な情報も配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

運営者:RYO。大阪出身。大学在学中に、フィリピン留学とオーストラリアのワーキングホリデーを2年間経験。その後フィリピンに渡り、KLab株式会社にて1年間翻訳兼通訳者として勤務。4年間hanasoオンライン英会話で教材開発、講師、カンセリング、カスタマーサポートを従事。 最後は、Alue株式会社にて大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修をコーディネート。海外滞在歴約9年。現在は、独立しRYO英会話教室を中心に個人事業を展開中。