共感力アップ!”Sounds good.”の意味と2つの使い方

毎月100名様限定

毎月100名様限定

こんにちは、リョウです。

今日は、”Sounds good.”の意味と2つの使い方についてお話します。

この記事を読めば、共感力がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

まずは会話を聞いてみよう

まずは、二人の会話を見てみましょう。

アイヴァン
Why don’t we go shopping later?
後で買い物に行かない?
リョウ
Sounds good.
いいね。

 

 

 


“Sounds good.”の意味は?

相手の提案に対して、「いいね。」と英語で伝えたいときは”Sounds good.”と言います。

相手の言った内容に対して、同意したいときや軽く感想を言いたいときに使える便利な英会話フレーズです。

“sound”は直後に形容詞を伴って動詞で「〜に聞こえる」という意味です。

本来は”That/It sounds good.”のようになるんですが、会話では、特にカジュアルな場面では、これらの代名詞を省略することが多いです。

 

 

その他の言い回し2選

その他にも、使える言い回しがあるので、紹介しておきます。

 

ナオミ
Sounds all right.
ありだね。
ナオミ
Sounds great
最高だね。

 

のように度合いをつけることもできます。

 

 

感想を伝えるときにも使えるよ

相手の提案に乗るだけでなく、相手の言った内容に対して感想をサラッと伝えたいときにも使えます。

 

スタローン
My major in college is design.
大学の専攻はデザインです。

 

マイク
Sounds fun.
楽しそうだね。
マイク
Sounds interesting.
面白そうだね。
マイク
Sounds cool.
かっこいいね。
マイク
Sounds difficult.
難しそうだね。

 

 

 

そういう時のために、バリエーションを持っておくといいですよ。

“sound”の後ろは形容詞が来ます。

“That/It sounds + 形容詞.”という形を押さえておきましょう。

その形容詞の部分に下記のように入れてやれば、簡単に使いこなせます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”Sounds good.”の意味と2つの使い方についてでした。

機会があれば是非使ってみてください。

それでは、また会いましょう。

 

 

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。