「〜のおかげで」の英語表現3選とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

「〜のおかげで」と英語で伝えたいときは、”thanks to 〜”と言います。

相手に感謝を伝えたいときに、使える便利な英会話フレーズです。

“thanks to 〜”の使い方をわかりやすく説明しています。

それでは、ひとつずつ見ていきましょう!

 

 

“Thanks.”はカジュアルな感謝

 

マイク
This is a gift for your wedding party.
これは結婚パーティーのプレゼントだよ。
リョウ
Thanks! Can I open it now?
ありがとう!今開けてもいい?

 

 

 

“thanks to 〜.”のフレーズを紹介する前に、”thanks”という単語について、まずフォーカスしたいと思います。

もちろんみなさんが知っている”thank you”「ありがとう」と同じ意味として使うことができるのですが、何が違うのでしょうか。

すでに違いを知っている方もいるかと思いますが、”thank you”と言うより、”thanks”と言ったほうがカジュアルな響があります。

なので、”thank you”はフォーマルであって、さらに基本的にどんな場面でも使えるのに対し、”thanks”は友人や同僚同士でよく使われるカジュアルな表現です。

 

 

他人の助けや何かに感謝したいときに使える

この”thanks”に”to”をつけて、”thanks to 〜”「〜のおかげで」というポジティブな意味で使うことができます。

“thanks to”は前置詞的な意味で使われるので、”to”の直後には名詞や動名詞がくることを覚えておきましょう。

ちなみに、”s”を付けずして、”thank to 〜”とは言いません。

 

  • 何かに感謝したとき
リョウ
Thanks to the storm, I got a day off today.
台風のおかげで、今日は仕事が休みになったよ。
マイク
Likewise. Let’s go for some beers later.
こっちもだよ。後で飲みにいこうぜ。

 

 

 

  • 他人の助けに感謝したとき
リョウ
Thanks to Ivan, I always feel comfortable living in the Philippines.
アイヴァンのおかげで、フィリピンで心地よく住むことができてるんだ。
ロバート
That’s great to hear, but don’t ever cheat on her.
それを聞けてよかったが、浮気は絶対にするなよ。

 

 

 

嫌味にも使える

“thanks to 〜”は、ポジティブな意味以外にも、ネガティブな意味でも使うことができます。

ポジティブな意味では、「〜のおかげで」となりますが、ネガティブな意味だと「〜のせいで」がちょうどピッタリきます。

ネガティブな意味で使う場合は、感謝のニュアンスがあることから嫌味な意味合いが含まれます。

 

ナオミ
Are you okay?
大丈夫?
マイク
Thanks to the awful weather, I’m completely exhausted.
ひどい天気のせいで、完全にくたくただよ。

 

 

 

リョウ
How’s the new manager?
新しいマネージャーはどう?
アイヴァン
Thanks to her, some of my colleagues are leaving the company.
彼女のせいで、何人かの同僚が会社をやめるよ。

 

 

 

似たような表現2選

今回紹介したフレーズと似たような表現があるので、ついでに一緒に紹介しておきます。

それでは、一つずつみていきましょう。

 

“because of 〜”(カジュアル)

“because of 〜”は「〜が原因で/〜が理由で」というのが元々の意味ですが、ポジティブまたはネガティブな意味を表すとき両方に使うことができます。

なので、文脈によって意味が変わるということです。

ポジティブな意味であれば、「〜のおかげで」となり、ネガティブな意味であれば、「〜のせいで」となります。

よく”thanks to 〜”と比較されることが多いこのフレーズ。

何が違うかというと”thanks to 〜”は、感謝の意味合いが強いのに対して、”because of 〜”はただ因果関係(結果と原因の関係)を表す中性的な役割をもつ表現です。

 

  • ポジティブな意味
マイク
Because of you, I was able to pass the exam.
君のおかげで、試験に合格することができたよ。

 

 

 

  • ネガティブな意味
リョウ
Because of him, I missed the last train.
彼のせいで、最終電車を逃したよ。

 

 

 

“due to 〜”/”owning to 〜”(フォーマル)

“due to 〜”も”owning to 〜””because of”は、上で述べたようにカジュアルな表現として使われます。

でも、”due to”と”owning to”は、フォーマルな場面(公的な文書やビジネスの場)で、ポジティブ、ネガティブな意味両方で使われます。

個人的には、”owning to”は今まで一度も聞いたことはありません。

“due to”は、職場でメールを打つときによく使いますよ。

 

マイク
I cannot report to work due to sickness.
病気のため、仕事に行くことができません。

 

 

 

マイク
I think his success is due to luck
彼の成功は、運のおかげだと思います。

 

 

 

スタローン
Flights from Japan were canceled owning to bad weather.
日本からのフライトが悪天候のためキャンセルされました。

 

 

 

“No thanks to 〜”も一緒に押さえておこう

“thanks to 〜”を覚えるなら、合わせて”no thanks to 〜”も一緒に覚えておきましょう。

“no”がつくだけなので、すでにイメージできている方もいると思いますが、「〜のおかげではないけど」という意味になります。

こちらも前置詞的に使って、文の一番前や後ろに持ってきて使うことができます。

相手の助けを借りずに何かを達成したときに、嫌味を込めて使います。

 

ナオミ
How is the project going?
プロジェクトの進捗はどう?
マイク
We actually finished over the weekend, no thanks to you who went on vacation for a week.
週末に終わらせたよ、1週間休暇を取っていた君のおかげじゃなけど。
ナオミ
Don’t be mean.
いじわるしないでよ。

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”thanks to 〜”の使い方でした。

それでは、See you next time!

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。