別れ際の挨拶「〜によろしく」って英語で何て言う?

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、「〜によろしく」の英語表現についてお話します。

この記事を読めば、別れ際の挨拶がさらにスムーズになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

まずは会話を聞いてみよう

まずは、二人の会話を見てみましょう。

ナオミ
Nice talking to you again. I have to go now. Say hello to your mom.
また話せてよかったよ。もう行かなきゃ。お母さんによろしく。
マイク
Sure. I hope to see you soon again.
うん。またすぐに会おうね。

 

 

 

1. “say hello to ~ ( for me).”

「〜によろしく。」と英語で伝えたいときは、”Say hello to 〜.”と言います。

友人や同僚などと別れる際に使える便利な英会話フレーズです。

“say”は「〜を言う」という意味で、発言した内容が重視される基本動詞です。

“Say hello to 〜.”は直訳すると「〜にこんにちわと言っておいてね。」となりますが、意訳して「〜によろしく伝えてね。」→「〜によろしく。」となります。

今回のフレーズでは、”hello”を使っていますが、もっとシンプルに”hi”を使ってもいいです

また、人によっては誰のためになのか、明確にするために“for me”を付けて

マイク
Say hi to him for me.

 

と言うこともよくあります。

僕の場合は、誰のために、なのかは会話上明確なので、いつも省略して使っています。

 

 

2. “Say hello/hi to ~.”の「~」には人の名前もOK

“Say hello/hi to ~.”の「~」の部分には、代名詞”him”や”her”だけでなく、人の名前をそのまま入れることもできます。

それでは、二人の会話を見てみましょう。

 

【電話での会話】

ナオミ
Hi, I’m with Ryo now.
もしもし、今リョウと一緒にいるよ。
マイク
Oh, okay. Say hi to Ryo.
あ、わかった。リョウによろしく言っといて。

 

 

3. “Tell someone (that) I said hello/hi.”

同じ意味として、もう一つ使える表現があります。

“Tell someone (that) I said hello/hi.”「~によろしく言っておいて。」です。

若干長いので、言いにくいかもしれませんが、こちらも押さえておきましょう。

“someone”の後に接続詞”that”が入りますが、会話では省かれることが多いです。

 

ナオミ
I’m meeting up with Kenji later.
後でケンジと会う予定なんだ。
マイク
Oh, how’s he been doing? Tell him I said hi.
へー、彼最近どうしてんの?よろしくって彼に言っといて。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「〜によろしく」の英語表現についてでした。

機会があれば、是非使ってくださいね。

それでは、また会いましょう。

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。