“die”と”pass away”の違いと使い分け

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”die”と”pass away”の違いと使い分けについてお話します。

この記事を読めば、英語感覚がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

「死ぬ」を丁寧に言うなら”pass away”

まずは二人の会話を見てみましょう。

アイヴァン
I’ve got  a funeral to attend this weekend. The father of my friend passed away last night.
今週末葬式に出席してくるね。友達のお父さんが昨夜亡くなったんだ。
リョウ
Okay. I’m sorry to hear that.
わかった。それはお気の毒だね。

 

「〜が亡くなる」と英語で伝えたいときは、”〜 pass away.”を使います。

「死ぬ」という言葉が少し直接的なので、それを和らげたいときに使える便利な英会話フレーズです。

“die”も”pass away”も意味に違いはありません。

日本語でも同じですが、「〜が死んだ。」というのと「〜が亡くなった。」というのでは響が違ってきますよね。

「〜亡くなった。」というほうが直接的でなくソフトに聞こえます。

英語も同じで、直接的な表現を避けるときや、また丁寧な表現として使われます。

 

 

お葬式では100%”pass away”を使う

お葬式では”die”ではなく必ず”pass away”を使います。

これは英語圏ではある種の常識のようなものになっています。

“die”だと直接的または、冷たい感じがするからです。

なので、もし海外もしくは外国人の友人のお葬式に出席するようなことがあれば”pass away”を使いましょう。

 

 

新聞では”die”がよく使われる

一方で”die”は新聞でよく使われます。

もちろん”pass away”も使われますが、ニュースでは字数に制限があるため、”pass away”より”die”のほうが好まれるそうです。

 

 

スピリチュアルに”went to live with God”

キリスト教徒の人たちや、または文章では、”pass away”や”die”のかわりに”went to live with God”や”went to live with angels”といった表現をすることもしばしばあります。

グーグルで”went to live with God”を検索してみると180万件もヒットしました。

まぁまぁ使われているということです。

 

 

【おまけ】「健在です。」は何て言う?

ちなみに「健在です。」と言いたいときは、”〜 is still alive.”ではなく、“〜 is still around.”と表現します。

肯定文で紹介していますが、もちろん疑問文で、「〜はご健在ですか?」と聞きたい時は、”Is 〜 still around?”となります。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”die”と”pass away”の違いと使い分けでした。

機会があれば使ってみましょう。

それでは、See you again!

 

 

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業。現在はマニラを拠点にして海外を旅しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。